限られた育児の時間をしっかりと楽しみましょう!

2016年01月28日

離乳食を始めよう! 離乳食を始めよう

「さぁ離乳食を開始しよう!!!」
と子どもの成長を喜び、初めての離乳食って楽しみですよね。
反面、一体どうやって始めたら良いのか不安に思い、戸惑うママが多いのも事実。

こちらのカテゴリでは初期の離乳食についてママ達が疑問に思うことについてまとめていきます。

スケジュールは?食材は??色々悩みはつきませんよね。


離乳食開始の合図は…
「首が座ったら」
「うんちがヨーグルトのにおいがしたら」
「食べ物を目で追うようになったら」…
などなど言われていますが、
一般的には離乳食は5か月、6か月頃からスタートするママが多いようです。
このスタート時期の離乳食を「初期の離乳食」と呼びます。


「離乳食」、つまりおっぱい(ミルク)から離れるための食事。
だから、ゆっくりゆっくり赤ちゃんの様子を見ながら進めていくことが大切ですね。

さて、離乳食の初期に多い悩み。

【1】まず一回食を行ったあと、母乳やミルクはいつ・どのくらい与えて良いのか。

基本的には離乳食を先に食べさせ、そのあと母乳(ミルク)を赤ちゃんが飲みたいだけ与えてあげましょう。たいていの赤ちゃんは空腹時に食べさせてあげた方がよく食べてくれますし、食後の母乳(ミルク)は赤ちゃんの口の中をきれいにするという働きもあると言われています。…とは言っても予定していた時間に赤ちゃんがぐずるなどご機嫌が悪いときは、先に少し飲ませてあげると赤ちゃんも落ち着きます。その場合でも食後の授乳は忘れないようにしましょう。

【2】初めての離乳食は何からあげたら良いか。

初期の離乳食では栄養うんぬんより、まず母乳(ミルク)以外の舌ざわりや味に慣れさせることがポイントです。だから赤ちゃんが食べやすくって消化のよい、なおかつ安全で衛生的なもの、アレルギー性の低いものを選ぶことが大切です。
最初は10倍粥から、なんて育児書には書いてありますよね。米がゆはアレルギーの心配は少ないため、離乳食の最初として選ぶことが多いようです。しかし、お米を少量(大匙1〜2)を軟らかく炊くのは大変ですし、なめらかにすりつぶすのも手間です。ベビーフードのかゆ製品、マッシュポテト、果物のすりおろし、カボチャの煮つぶしなどいずれでもかまいません。



赤ちゃんとの食事の時間。
ママのストレスを出来るだけ減らして、楽しく進めれたら良いですよね
😃


まだまだ悩みは尽きませんが、
今日はここまで。

posted by 育児アドバイザー at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 離乳食〜初期〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。