限られた育児の時間をしっかりと楽しみましょう!

2016年02月14日

赤ちゃんの心の成長

産まれたばかりの赤ちゃんは泣いてばっかり!
しばらくすると、微笑むようになり、
ケラケラ笑うようになり、
いつの間にか不快なときは唸って怒るように!!

体の成長とともに、赤ちゃんは心も成長しています。
我が子が情緒豊かな子に育ってほしい、と願うパパやママも多いですよね。
今日は子どもの心の発達について書いていきます。

私たちは、様々なシチュエーションで嬉しい、楽しい、怒った、憎い、悲しいといった様々な感情を持って生活しています。
最初に書いたように、産まれたばかりの赤ちゃんはただ泣くだけで
喜怒哀楽はもちろん「良い」「悪い」を識別できません。
ママやパパ(人)と接していく生活の中で少しずつ気持ちの「良い」「悪い」という感覚を識別していくと言われています。

そもそもこういった感情の発達の背景には、
3ヶ月頃の微笑み(「人」を認識し、興味を持ち始め)、
6ヶ月頃から始まる人見知り(家族と知らない人との判別)。
という分別が出来るようになり、生まれてくるものではないでしょうか。
赤ちゃんにとって、最初に築く人間関係の相手はパパやママ
そこから社会へと広がっていくのです。
つまり、パパとママは「安心感、安全感を子どもが持てる」ことを心がけて育児をしていくことが大切です。
「ママやパパがいるから大丈夫」という赤ちゃんの気持ちを育てて欲しいのです

難しいことではありません。
日頃から、家族で一緒に楽しい時間を過ごすこととともに
困ったときには助けてもらえることを実感することが大切です。

子どもが訴えてきたときには、しっかり受けとめてあげましょう。
posted by 育児アドバイザー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。