限られた育児の時間をしっかりと楽しみましょう!

2016年02月11日

ベビーマッサージの効果

赤ちゃんが産まれて、しばらくはお家で2人っきりの生活、
実家の家族やお友達とも出産前のように気楽に会えない、
可愛い我が子との生活は幸せな一方で、ストレスが溜まるママも多いですよね

そんな時は地域で行っているベビーマッサージやベビーヨガに参加してみては?
今日は「ベビーマッサージ」の効果についてまとめてみます。

「ベビーマッサージ」
いつから:生後2~3ヶ月頃から。以降いつ始めてもOK!
方法:オイルなどを使って、お母さんの手で赤ちゃんの肌を優しく撫でるようにマッサージする。
効果:ママ(パパ)と赤ちゃんのスキンシップ。赤ちゃんは肌に触れてもらい、愛情を感じるそう。
目的:【赤ちゃん】優しいマッサージは血行促進、リラックス効果からぐっすり眠れるように。(夜泣きに悩むママにもオススメ)またママの優しいマッサージを赤ちゃんは肌で、脳で感じることで赤ちゃんの心が満たされる⇒マッサージを行うことで赤ちゃんには「エンドルフィン(幸福ホルモン)」が分泌。
【ママ】
赤ちゃんと肌とママの手が触れ合うことで、ママにも「オキシトシン(愛情ホルモン)」が分泌される。オキシトシンには情緒を安定させる効果があり、ベビーマッサージを通じてママのストレス軽減も期待。

いかがでしょうか。
ベビーマッサージは子育て中のママや赤ちゃんにとっても有効ですよね。
ベビーマッサージを行うときは清潔な場所で行い、
授乳前後を避け、ベビーマッサージが終わったあとは赤ちゃんに十分な水分(母乳・ミルク)を与えてあげましょう。
マッサージ方法は色々なサイトで紹介されていますが、
最初は地域の教室に通ってみることをオススメします
そうすることで学校や就職先、趣味の習い事以外の
「赤ちゃん」を通してママのネットワークも広がるかもしれませんね♪
posted by 育児アドバイザー at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433690212

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。